二つの種類

多くの企業が行っている監査は、大きく分けて2つの種類が存在します。
一つが会計監査、そしてもう一つが内部監査です。
会計監査は、その名の通り企業の会計取引に関する事について行う監査です。この監査では全ての会計取引についての監査を行う事は非常に難しいため、虚偽の表示を完全に排除することは非常に困難です。しかし、重大な問題となる虚偽については監査が出来るため、細かい問題について調べるというような目的よりも、重大な問題に発展しかねない虚偽を排除する事が最大の目的となっています。
株主等はその会社の将来を考え、株式を取引したりするわけです。そうした時の判断材料となるのが、監査の情報なのです。嘘の表示が会計取引上に合った場合には、正常な判断が出来ず、会社だけでなく株主にも大きな損失が生まれてしまう場合があるのです。しかし、適切に会計取引の内容を調べることによって、虚偽の表示が無いことを確認できれば、安心してそうした情報を元に、どのように株式を運用していくかということを決定づける事が出来るのです。
そして、もう一つの内部監査は、会計についてではなく、企業内部について行う監査になります。
昔と違い、現在では企業の不祥事などは非常に大きな問題に発展しやすい事になっています。そのため、そうした内部の問題が発生しないようにするためにも、内部の監査はとても一般的になっているのです。会社内部の事を調べる事によって、不祥事等を未然に防ぐ事が出来、よりクリーンな会社経営が可能となります。そうしたクリーンさは、会社を経営していく上で非常に重要であり、そうしたクリーンさが有ることで、より大きな取引を実現するといったような事も可能となっているのです。